tel.048-762-3945

※診察のご予約はお電話のみ承ります

〒338-0004 
埼玉県さいたま市中央区本町西1-11-21
パークドライブコート1F

[P] 駐車場4台完備

メール お問い合わせ

※診察のご予約はお電話のみ承ります

きずあとの治療

きずあとの治療

当院では傷痕、傷痕が赤く盛り上がるケロイドや肥厚性瘢痕を治療を行っております。ケロイドの治療は、患者様の体質、年齢、部位により治療法が異なるため、専門の知識が必要です。「きずあと」に関し少しでも心配なことがございましたら、お気軽にご相談ください。
肥厚性瘢痕・ケロイドは健康保険の対象となる疾患です。治療費は各治療により異なりますので、診察の上、ご相談下さい。

腹部ケロイド1

婦人科の手術後に傷痕が肥厚性瘢痕となった方です。6か月程度の炎症を抑えるテープと注射の治療で瘢痕が目立たなくなっています。

症例
症例
症例

腹部ケロイド2

1と同様な症例ですが、手術(切除縫合)を選択することもあります。

症例
症例
症例

耳介ケロイド1

ピアスが化膿するとケロイドになることがあります。ケロイドを切除します。

症例
症例

耳介ケロイド2

軟骨ピアスも化膿するとケロイドになることがあります。1と同様に切除を行います。

症例
症例
症例

傷痕治療例

整形外科で肘の骨折の手術を行った後の傷痕治療例です。瘢痕を切除し(W形成術)、縫合します。その後は半年程度テーピングを行います。

症例
症例
症例

外科手術には出血、感染などのリスクを伴います。
また肥厚性瘢痕、特にケロイドは再発し易く、術後予防薬の内服、テーピングなどを3か月~6か月厳重に行う必要があります。

住 所
〒338-0004
埼玉県さいたま市中央区本町西1-11-21
パークドライブコート1F
アクセス
JR埼京線「与野本町駅」から徒歩6分
診療科目
形成外科、皮膚科、美容皮膚科、美容外科、
眼科(眼瞼下垂症、逆さまつげ、ものもらいなど)
10:00~13:00
15:00~19:00

休診日:木曜、日曜
午前最終受付12:45  午後最終受付18:45