tel.048-762-3945

※診察のご予約はお電話のみ承ります

〒338-0004 
埼玉県さいたま市中央区本町西1-11-21
パークドライブコート1F

[P] 駐車場4台完備

メール お問い合わせ

※診察のご予約はお電話のみ承ります

巻き爪・陥入爪

陥入爪・巻き爪

陥入爪は、爪の端が皮膚にくい込んでいる状態のことです。巻き爪とは、爪がカーブした状態のことです。共に足の親指に多く、深爪、外傷、靴による圧迫が原因となり、変形により痛み、腫れ、ひどくなると、膿が出るなどの症状が起こります。化膿を繰り返す場合、弯曲した爪により常に痛みがある場合が治療対象となります。

① 陥入爪に対するフェノール法手術:食い込む部分のみ爪を除去し、食い込む部分の爪が出てこないようにフェノールで爪を造る組織を焼灼します。稀ですが、食い込む部分の爪が再び生えてくることがあります。その場合、同じ処置を行います。

② 爪の先端2か所に穴をあけて、復元性の高いワイヤーを装着し、そのワイヤーの元に戻ろうとする力を利用して巻き爪を矯正します。この処置は、足の親指の爪が丸く巻いている場合に適用されます。爪が割れたり、ワイヤーが外れることがありますが、日常生活にほとんど影響を与えない侵襲の低い治療です。通常1~2ヶ月毎にワイヤーを交換し、変形が改善するまで数か月要します。終了後しばらくすると再変形を生じることがありますので、クリップ等で予防します。
ワイヤー法は自費診療で、1回3,000円(税別)です。

③ 爪床形成術:爪全体が巻いている方に行います。爪を除去後、その下の組織を剥がし、骨を平らに削った後、爪床を戻して縫合します。術後1〜2日までは出血、感染などを認めることがあります。しばらく痛みのため、歩行に影響が出ます。約2週間後に抜糸をします。爪が元の長さまで生えてくるのに数か月要し、しばらくは肥厚など変形が残ります。
フェノール法、爪床形成術は健康保険の対象となります。手術費用は3割負担の方で5,000円~10,000円程度です。

症例
初診時
症例
フェノール法施行後1週間
症例
フェノール法施行後3週間
症例
初診時
症例
ワイヤー法施行後1か月
症例
ワイヤー法施行後3か月
住 所
〒338-0004
埼玉県さいたま市中央区本町西1-11-21
パークドライブコート1F
アクセス
JR埼京線「与野本町駅」から徒歩6分
診療科目
形成外科、皮膚科、美容皮膚科、美容外科、
眼科(眼瞼下垂症、逆さまつげ、ものもらいなど)
10:00~13:00
15:00~19:00

休診日:木曜、日曜
午前最終受付12:45  午後最終受付18:45